ハトムギとは?

『ハトムギの知られざる効能』
ハトムギは「イネ科」、麥の一種で、世界中の穀物の中で最もタンパク質や脂肪が多く、
あらゆるビタミンやアミノ酸を含み、栄養学的にも高く評価されていますが、
なおその上にこれを食べると利尿作用が合って、体の中の水分の停滞を調整するという
大きな効能が有るのです。

『身体の水分調節をするハトムギ』
東洋医学「漢方」の考え方では、人間の病気は「気」「血」「水」の3つの調節が
うまくいかない時におこるというのがあります。
この内「水」の調節をする主役がハトムギなのです。
したがってハトムギは昔から利水剤として多くの病気に使われてきました。
日本は島国の上に湿度が高く、このために身体の中に水分の停滞を起こしたり、
オーバーフローを起こしたりする人が多いのです。例えば、神経痛、リウマチ、関節炎、
肩こり、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、喘息、水肥り、鼻水などは水が原因になっています。

さらに今の日本では、果物、ジュース、コーヒー、清涼飲料、お茶といった水分を
たくさんとるという食生活が、これに拍車をかけています。
このような原因としての水毒を減らしながら、病気の治療や予防をするには、
腎臓、膀胱を助けて利尿作用を良くしてやることが大切です。

ハトムギは強い利尿作用があって、身体の各所の水の停滞を除く働きをします。
島国の日本人にはピッタリな健康食品といえます。

『ハトムギの栄養と作用』
ハトムギは穀類のなかで最も多種多様の栄養素を持っている点では他に比類の無い食品です。
タンパク質、脂肪、含水炭素、各種のビタミン、ミネラル、酵素類等を持つほか、
その脂肪には制癌作用のあることが東大の浮田教授によって発見され、千葉大学でも
治る見込みのない患者とか、癌を手術出来ないなど、ハトムギを薬剤として使い、
効果をあげている臨床例がたくさん出ています。

このほか、日本人の体質の弱さから来る病気、即ち神経痛、リウマチ、喘息等に
これを処方した薬剤を用いて治療し、あるいは予防することができます。
これはお国柄から来る日本人の退室の欠陥を補強し、人体に必要な栄養素を含有していて、
内外両面から身体のバランスを調整する働きがあるからです。

≪ゴールドサンテはと茶≫
ゴールドサンテ はと茶は、製法特許の製品です。
ハトムギを煎じてみても味も色も有効成分も溶け出してくるのはほんの僅かしかありません。
趣旨というものは発芽の状態で酵素かされて水溶性になります。この酵素化された「はと茶」
は風味と香りが良いばかりではなく、酵素化していないハトムギに比べて、
50~60倍も多くの養分が溶け出すようになっています。
熱湯に入れておくだけで、美味しい上にハトムギ(ヨク苡仁)の有効成分が濃厚に解け出してきます。
家族や友だちの皆様でご愛飲して頂いて健康を守れる物です。
私が自身を持っておすすめ出来るものです。

 

三養茶のお求めは うえんだん元気倶楽部 へ!                    ≪≪≪「三養茶」ホームへ